時計をステータスとして扱うための3つの選び方

自分の経済状況に合った価格にする

時計とは自分の経済力をアピールする道具として扱われることがあります。ただ時間を確認するための道具ではなく、『経済力がある』という印象を与えられるので、選ぶ際は注意が必要です。また、高ければ良い、という訳ではありません。自分の今の収入・経済状況に合う価格の時計を身につけることで、自分のステータスとして扱うことができます。もし、あまりにも高いものにしてしまうと、『この人無理しているのかな。』という良い印象を与えることができないので避けましょう。逆に安すぎれば、小物にまで気が回らない人と扱われるので、ある程度高いものにしておくことが良いです。

誰もが知っているブランドの時計にする

価格を決定することができれば、今度はその範囲内で『ブランド』の時計を選ぶと良いです。ブランドと言っても色々あるので、自分が知っていて、周りも知っているもの、認知度が高いものにすることがポイントとなります。値段を張り、誰も知らないブランドでは、あまりステータスとしての効果は期待できないので、ブランドものを選ぶようにしましょう。ブランドの時計であれば、一気に注目度が増すことができ、自分の印象を良くする効果が及ぶことが期待できます。

自分のセンスを知らしめるお洒落な時計を選ぶ

最後のポイントとして、自分にとってオシャレだと思う時計を選びましょう。シンプルなデザインでも良いですが、見る人の心には残らず、ステータスとしては弱いので、オシャレなデザインを身につける必要があります。ただし、宝石などのキラキラしたもので装飾された時計では、『お金持ちアピールが強い』というマイナスイメージをされる可能性があるので、それだけは避けましょう。シンプルなデザインに比べて、ほんの少しだけ派手なものに留めておくことで、落ち着きのあるオシャレな時計を見つけることができるでしょう。

ロレックスとは、1905年にイギリスで創業し、現在スイスに本社を置く高級時計メーカーです。独自の技術により高品質な時計を供給しており、世界的な認知度を有しています。