七五三のお参りは、これまでの感謝とこれからの成長を願って

そもそも七五三って何?

七五三は、子ども成長を祝う行事の一つです。諸説ありますが、起源は室町時代といわれ、江戸時代に全国に広まり、明治に入って現代に近い形になったとされています。子どもの死亡率が高かった時代に、その節目となる歳に、無事に育ったことを感謝するために寺社に詣でるようになったのが始まりで、さらに、これからの成長を祈願する意味も込められるようになりました。三歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置」、5歳は男児が初めて袴をつける「袴着」、7歳は女児が初めて帯を使い始める「帯解」に由来しています。

七五三は、家庭や地域のしきたりを守りつつ、進化中

七五三は地方色の強い行事で、各地でそれぞれの風習があるので、こうでなければいけないというような決まりはありません。たとえば、男児のお祝いは5歳だけという地域も少なくありません。また、本来数え年でおこなうものでしたが、満年齢でするという人が増えてきています。七五三の日とされている11月15日にも、あまりとらわれる必要はなく、その周辺の家族の都合の良い日や、吉日といわれている日におこなわれることが多くなっています。

では、七五三って何するの?

基本的には、正装で地域の氏神様を参拝するというシンプルな行事です。しかし、実際には、朝早くから着付けに行き、写真を撮り、遠くの寺社に詣で、御祈祷を受け、お祝いの食事会をするなど、盛りだくさんになっている傾向があります。これに、近所や親戚へのあいさつ回りが加わる地域もあり、主役である子どもが疲れ果ててしまうなどどいうことも少なくありません。神社やお店の下調べや予約をするなど、無理のないスケジュールを組み立てて行動するようにしたいものです。もちろん、これまでの感謝と、これからの健やかな成長を願う気持ちを忘れずに。

七五三は子供が健やかに育つことを願う行事なので、贈り物も子供の成長を祝うものを選ぶのが社会的なマナーです。また、子供の性別によって最適な贈り物が異なるので、事前の確認を行うように心がけます。