これだけ知っておけば安心!?機械式時計の磨き方

機械式時計を磨く際の注意点

独特の高級感により、多くの愛好家によって親しまれている機械式時計。内部機構がデリケートなことはよく知られていますが、外部のケースやベルトに関しても手入れの注意を怠れば、細かい傷がついたり錆びが浮いたりしてしまいます。しかし、一方で日々装着することになるため、どうしてもほこりや汗、排気ガスなどで汚れてしまうために必ず磨かなければなりません。いかに傷をつけずに磨くのかが、機械式時計の手入れにおいて重要だと言えるでしょう。

ケースを傷つけずに磨く方法

機械式時計ではケースがステンレス製のものが大半ですが、ステンレスはなおざりに磨くと細かい傷がついてしまいます。他方、直接肌と接する部分になるため、絶対に汚れや汗を拭き取らなければなりません。その際はとにかく目が細かく柔らかい布で拭くように心がけましょう。最も良いとされるのはセーム革ですが、これに準ずるような布であれば問題ありません。もし傷が付いてしまった場合は、ウィノールやアモールといった特に目の細かい研磨剤を塗布して磨くようにすれば消すこともできます。

ベルトこそ綺麗に汚れを落とすようにしよう

どうしてもケースの汚れに注意がしがちですが、より肌に接する部分が大きいのはベルトです。しっかりベルトの手入れも怠らないようにしておきましょう。金属製のベルトはケースと同じように磨き、細かい部分は綿棒などを使って汚れを吸い取るようにしましょう。革製のベルトの場合は特に汚れが残りやすいので注意が必要です。革製ベルト専用のクレンジングオイルを使って汚れを落とし、その後で肌に接しない部分については専用の保護クリームを塗りましょう。

パテックフィリップは、世界三大高級時計の中の一つです。歴史も古く1839年創業で、古い時計でも永久修理をブランドのコンセプトにしているので、一生物に相応しい時計です。