みんながうれしい!七五三のレストランの選び方

予約が必要なときはお早目に!

七五三は11月に行われますが、最近は10月や9月にも行う人が増えています。日頃会えないおじいちゃんやおばあちゃんも集まるいい機会なので、お参りの後にお食事に行かれる方も多いでしょう。その時に重要になるのが、レストランの予約です。人気のあるお店は、秋ごろになると七五三の食事会で土日の予約がどんどん埋まっていきます。被布の着付けなど、手配するものがたくさんありますが、レストランの予約はできるだけ早目に行いましょう。

お座敷とテーブル席はどっちがいい?

七五三は日本の行事ですから、お座席の方が落ち着いて食事を食べられるイメージがあります。しかし、着なれない着物を着て、正座をするというのは子供にとって、とても窮屈なことです。おじいちゃん、おばあちゃんの中には、膝が悪くて椅子でないと苦しい場合もあります。席が選べるようであれば、テーブル席を選んだ方が無難でしょう。着物を着たまま食べるようであれば、こぼしたりしないように、タオルなどを用意しておくと安心です。

食事の内容はどうしよう?

レストランの中には、予約時に料理を決めておかなければいけないところもあります。コース料理を頼む方が多いですが、コース料理というのはお金がかかるだけでなく、個のみが分かれるものです。特に子供の場合は、お子様用のコース料理だとしても、食べられないものばかりだったということが少なくありません。コース料理が必要であれば、大人分だけにしておいて、子どもは当日に単品料理を頼むようにすれば、好きな物を食べることができます。

七五三のレストランの特徴を上手く見極めるために、交通アクセスの良しあしや料理のメニューなどに注目をすることが重要です。