結婚指輪選びで決まる!?本物の愛を確かめろ!!

結婚指輪選びはあなたの人生を左右するポイントに!?

長年同棲した彼と、「この人なら!」とビビッときた彼と愛する人と人生を歩むことを誓う、人生の通過点である「結婚」。婚約指輪は男性の方が選ぶことが多い傾向にあるようですが、「結婚指輪」はやっぱりふたりで選びますよね。幸せの絶頂の瞬間でも、この「結婚指輪」選びで彼のあなたへの気持ちが分かってしまうんです。男性にとっての「結婚指輪」は、結婚後の「あなた(妻)」への扱いと重なるものがあると言われているんです!

ポイント1「好きに選んで」の裏側に

彼の気持ちを見定めるポイントのひとつとして、「好きに選んで」という言葉の真意を知ることが挙げられます。あなたが結婚指輪を選ぶときに、「好きに選んでいいよ」と彼が言ってくれるとしましょう。そのあとに、彼の視線がどこを向いているかをよく観察してみてください。いくら「好きに選んで」といっても結婚指輪。あなたがかわるがわる見るデザインを一緒に凝視し、一緒に考えてくれる彼は、今後のあなたとの未来の選択も、しっかり「ふたりで」考えてくれようとするでしょう。逆にあなたに任せて少し離れたところで別なものを見たり、ぼんやり遠くを見つめて「どうかな?」と言う問いに「いいんじゃない?」という言葉までくりかえす彼は要注意!自由な選択を与えているんだから、ちゃんとやってくれと投げるタイプの男性に多いんです。

ポイント2彼の希望の有無

先述した通り、彼があなたに結婚指輪の決定権をゆだねたとき、彼の気持ちを知る手立てになるのは「彼の希望の有無」です。「俺はデザインとか分からないから!」という彼でも、自分のものにはそれ相応のこだわりがある彼でも、職や好みで大なり小なりの希望は必ずあります。繊細すぎるデザインはいやだ、とか、シルバーよりゴールドの方がいい、とか。それをあなたに言わない理由は様々ですが、「旦那になるんだから」と見栄を張ったりするだけなら、あなたの具体的な問いで解消されるはず。「私は仕事の関係で普段つけるのにシンプルがデザインがいいんだけど、○○くんはどう?」といったように聞いて、「俺は、」とちゃんと応えてくれる彼は、「きちんと結婚についても考えてくれている」と考えていいでしょう。逆に、「なんでもいいんじゃない?」と丸投げしてしまう彼は要注意!人生の岐路である結婚についての価値観も似たように投げやりなことが伺えます。

結婚指輪とは人生の一大事である結婚式において、二人の誓いの証として交わされるものです。飾りはシンプルなものが一般的てす。